生活基盤を守ったボランティアとは

生活基盤を守ったボランティアとは

生活基盤を守ったボランティアとは

ボランティアを始めるといきなり熱心になってしまう人がいます。

もちろんしれは悪いことではないのですが、ボランティアは生活の一部であり、毎日の生活基盤が整ってこそ続けられる活動。

熱心のあまり生活基盤を揺るがしてしまっては家族に迷惑をかけるだけでなく自分自身を苦しめる結果になります。

また所属する任意団体にはさまざまな人がいて、ボランティアに対する温度差も違います。

必ずしも活動をしている全員が無償の奉仕に対して情熱をたぎらせていると思わない方がいいでしょう。

組織的な活動で個々の温度差は時として軋轢を生じさせます。

多くの場合、この軋轢で活動を止めてしまうのはボランティアに対して過剰な意欲を燃やしている人なのです。

ボランティアは継続することが大切。

マラソンランナーのようにペース配分を心がけてください。

熱心さの余り、過剰な奉仕をしてしまうと正規の労働者の職を奪うこともあります。

たとえば施設訪問のボランティアでは施設に正規の職員がいるわけで、過剰なボランティアを行なった結果、施設側が正規職員を解雇した例もあります。

なんらかの事情でボランティアを止めてしまった後、いちばん困るのは施設の支援対象者。

無償の奉仕は要請に対して自発的に行うものという基本を忘れないように。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional