訪問ヘルパーの手の届かないところへ

訪問ヘルパーの手の届かないところへ

訪問ヘルパーの手の届かないところへ

介護保険を利用した高齢者支援では、訪問ヘルパーではできないことがいろいろあり、現場でのトラブルの原因になることもあります。

介護対象者への食事の調理はできますが、その料理を同居する家族に供給することは不可、介護対象者の衣服類の洗濯はできますが、その際、家族の洗濯物は分けること、庭の草むしりや犬の散歩、ペットの世話も不可。

これらは法律で定められたことなので仕方がないのですが、現場では当然のことながら、さまざまな事情が絡みあってきます。

単身の要介護者で、長年連れ添ってきたペットの世話ができなくなってくると要介護者が生きる気力を失う、とか、庭に雑草が生えすぎて見た目が不用心に見える、とか、あるいは要介護者と夫婦で高齢の連れ合いが要介護者より粗末なものを食べているとか。

このような状況を少しでも改善できるのが高齢者のための高齢者によるボランティアなのです。

高齢者の気持ちは若い訪問ヘルパーよりも同年代の方が理解できるというメリットもありますね。

対人支援が苦手な人なら庭の手入れやペットの散歩、買い物の代行などの活動ができますし、女性ならキッチンに入って介護疲れの家族に料理を作ったり掃除や洗濯の代行もできます。

始まったばかりの介護保険はこれからも法改正で形を変えていく気配。

自立を即す高齢者を支援するのは高齢者の手が、ますます必要になっていくでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional